虫コナーズ アミ戸・窓ガラス用スプレー

ラインナップ

  • 虫コナーズ アミ戸・窓ガラス用スプレー 450mL

アミ戸や窓ガラスにスプレーするだけ

1本で「虫よけ&殺虫」!エアゾールタイプの虫コナーズ

製品詳細

動画でわかる 虫コナーズ アミ戸・窓ガラス用スプレー

スプレーするだけで虫よけ&殺虫!
アミ戸や窓ガラスを“防虫コート”!

アミ戸や窓ガラスなどにスプレーするだけで、処理面に触れた虫に対して、虫よけ&殺虫効果を発揮。
効果は約2ヵ月持続。直接害虫にかけても殺虫効果があります。

スキマからの侵入をブロック!

窓まわりや、玄関のスキマなどの家まわりにスプレーすることで、屋内への侵入を防ぎます。

便利な速乾タイプ&ワイドパターン噴射

速乾性なのでスプレーしても曇らず、液ダレしにくい!
処理幅の広いワイドパターン噴射で、大きなアミ戸や窓ガラスにもラクに処理できます。

様々な虫に効果を発揮!

お家で気になるあの虫に!

  • ユスリカ

  • コバエ

  • カメムシ

  • クモ

  • タカラダニ

その他、ヨコバイ、ブユ、羽アリなど
全14種類の虫に効く!

使用シーン

色々な所で使える!

  • アミ戸

  • 窓ガラス

スキマからの侵入もブロック! ー

  • 窓まわり

  • 家まわり

適用害虫
ユスリカ、ガ、ヨコバイ、チョウバエコバエチャタテムシカメムシ、ブユ、羽アリ、ウンカ、アブクモ、ガガンボ、タカラダニ
有効成分
ピレスロイド(シフルトリン、フタルスリン)

ご使用の前に

はじめてお使いになる時は、上部の保護バーを取り除いてください。(誤ってボタンを押さない様、十分注意してください)。

使用方法

  • 噴霧塗布
    噴霧対象物に約30cmの距離から1m2あたり約5秒の割合で全体に均一に噴霧してください。90×180cmのアミ戸で約8秒間。このサイズのアミ戸約42枚に処理できます。
  • 直接噴霧
    害虫をみつけたら、直接噴霧してください。

使用上の注意

使用に際しての注意

  • 使用前に必ず製品表示を読み、十分理解した上で使用すること。
  • 定められた使用方法を守ること。
  • 今までに薬や化粧品などによるアレルギー症状(例えば発疹・発赤、かゆみ、かぶれなど)を起こしたことのある人、喘息の症状がある人などは、使用前に医師又は薬剤師に相談すること。
  • 魚に対して毒性があるので池や水槽などに噴霧粒子が入らないようにすること。
  • 人体に向かって噴射しないこと。
  • 皮膚、目、飲食物、食器、おもちゃ、ペット類(観賞魚、水生生物、虫、小鳥など)、飼料、植物、家具、貴重品、美術品、自動車、楽器、電気製品、繊維製品などにかからないようにすること。
  • 塗装面、プラスチック、建材、繊維製品、石材などは、予め目立たないところに噴射して、影響がないことを確かめたのち、使用すること。
  • 使用時には、噴射場所の周囲、特に風下に人がいないことを確認し、風上から噴射すること。
  • 風が強いときは使用しないこと。
  • 噴霧対象となるガラス面については、きれいな布などで水拭きをし、十分に乾いたのちに使用すること。クモの巣などがある場合、予め取り除くこと。
  • くもりの原因となるため、同一箇所に集中して噴霧塗布しないこと。
  • アミ戸、すだれ、窓まわり、家まわり(ベランダ、バルコニーなど)の建材全般など、噴霧対象面の材質によっては変色や変質する恐れがあるので、予め目立たないところに噴射して、影響がないことを確かめたのち、使用すること。(特に、金属加工した網戸は変色する場合があるので注意すること)。
  • 効果が落ちたと感じられた場合は、再度処理をしてください。

使用中・使用後の注意

  • 噴射中は噴射する人以外の人の入室を避け、噴射後は室内の空気が外気と入れ換わってから、入室すること。また、噴霧粒子を直接吸入しないこと。
  • 薬剤が皮膚についたときは、石けんと水でよく洗うこと。目に入ったときは、直ちに水でよく洗い流すこと。
  • 万一、身体に異常を感じたときは、本品がピレスロイド系の殺虫剤であることを医師に告げて、直ちに診療を受けること。
  • 本剤使用後、乾くまでの間は滑りやすくなっているので、注意すること。
  • 噴霧塗布面に雨や水がかかると効果が減少するため、再度噴霧塗布すること。
  • 60秒以上連続噴射しないこと。

保管上の注意

  • ●夏場の車内、ファンヒーターなどの周囲を避け、子供の手の届かない涼しいところに保管すること。
  • 水まわりや湿気 の多いところは、缶が錆びて破裂する危険があるので置かないこと。

廃棄上の注意

  • 捨てるときは、火気のない通気性のある屋外で、ガス抜きボタンを利用するか、噴射音が消えるまでガスを抜き、地域の規則に従って捨てること。

便利なガス抜きボタン付き

10円硬貨と同サイズのコインをボタン上部のガイドの下に差込むとボタンがロックされ、廃棄時にガス抜きができます。

  • 火気のない屋外で人や植物等にかからないよう行ってください。
  • 大量に使い残した缶の廃棄方法は当社お客様相談室にお問い合わせください。

火気と高温に注意

高圧ガスを使用した可燃性の製品であり、危険なため、下記の注意を守ること。

  • ①炎や火気の近くで使用しないこと。
  • ②火気を使用している室内で大量に使用しないこと。
  • ③高温にすると破裂の危険があるため、直射日光の当たる所や火気等の近くなど温度が40度以上となる所に置かないこと。
  • ④火の中に入れないこと。
  • ⑤使い切って捨てること。

高圧ガス:DME、LPG

page top