ホーム 工場見学 工場長に聞く 詳細な話コース1

工場見学

  • かんたんなお話コース
  • 詳細な話コース1
  • 詳細な話コース2

製品情報へ

工場長に聞く(詳細な話コース)

家庭用殺虫剤の略歴

わが国の家庭用殺虫剤については、正確にいつごろから使われたりしたかは定かではありません。昔は蚊を防ぐために植物を燃やしたり、カヤの木をいぶしたりしていました。
明治にはいりますと、除虫菊粉が輸入され、国内でも除虫菊が栽培されるようになり、蚊取線香が国産化されるようになりました。
戦後、DDTなど有機塩素剤が発見され、殺虫剤として利用されましたが、安全性、抵抗性の問題から、その後使用を禁止されました。
又、有機りん剤も発見されましたが、抵抗性の問題が残っています。除虫菊から端を発する蚊取線香、油剤等の殺虫剤は安全性も高く、抵抗性もつかないことから順調に発達し、除虫菊の花から取り出された薬剤「ピレトリン」を化学的に合成することが、1955年頃に開発実用化されました。
これを合成ピレスロイドと呼び、その後、数々の新しい合成ピレスロイドが発表、実用化され、現在の家庭用殺虫剤のほとんどがこの合成ピレスロイド(ピレスロイド系)を使用しています。
〔蚊取線香(金鳥の渦巻)、キンチョールとも、有効成分はこのピレスロイド系の薬剤を使用しています。〕

弊社の創始者 上山英一郎氏は、明治19年、除虫菊の種子をアメリカより移植、以来その栽培奨励と同時にこの可憐な花のかくれた力をひきだし、いつでも、どこでも除虫できる方法の研究に取り組み、粉骨砕身の末、明治23年に世界初の「棒状蚊取線香」が、明治28年、上山英一郎夫人のアイデアによる「渦巻蚊取線香」が生まれました。社祖は、これを「金鳥」と名づけて世に送りました。
また、弊社製品「金鳥の渦巻」の製造工程は、有効成分ピレスロイド系殺虫剤「アレスリン」を粕粉、木粉などの植物性粉末に混合し、更に粘結剤としてタブ粉、澱粉などを加え、混和機で練り、押出機にかけて板状にしたものを渦巻型に打抜き、乾燥して作ります。

金鳥の創業者・上山英一郎の肖像 

『除虫菊について』

一般に除虫菊とよばれている植物は2種類で、1つはシロバナムシヨケギク、もう1つはアカバナムシヨケギクです。アカバナムシヨケギクは赤い花が咲き、ペルシア原産の植物で観賞用のもので、「蚊取線香」などの殺虫剤原料として使用されたのは、シロバナムシヨケギクの方です。
殺虫成分(ピレトリン頬)は、除虫菊乾花中に約1.3%含まれていて、葉や茎にはほとんど含まれていません。花に含まれている殺虫成分の90%近くが子房に含まれていて、花の開き加減によってその量は違い、つぼみがふくらむにつれて多くなり満開時に最大に達します。
シロバナムシヨケギク(除虫菊)の原産地は、セルビア共和国(旧ユーゴスラビア)で、日本へ除虫菊をはじめて紹介したのは、当社の創立者上山英一郎氏でした。
除虫菊の栽培は和歌山県で始まり、瀬戸内海地方へ広がり、1938年(昭和13年)には1万3,000トンも生産されました。
(ほとんど種まきは秋に行われ、翌々年の5月から6月にかけて開花し収穫します。)

しかしながら、戦前戦後の食糧増産のため、日本の除虫菊の栽培面積は、はなはだしく減少していき、又、一方では戦後まもなくの化学合成品の開発とあいまって、現在ではほとんど栽培されておりません。シロバナムシヨケギク(除虫菊)中に含まれる天然の殺虫成分(ピレトリン)に似た合成されたピレトリン類似化合物(ピレスロイド)が開発され、その後、数々の合成ピレスロイドが発表、実用化されて、今や日本では「蚊取線香」をはじめ、家庭用殺虫剤のほとんどがこの合成ピレスロイドが使用されている状況です。

戦後(昭和28年ごろ)の除虫菊畑にて 

 
除虫菊ってなに?へ
 

page top