除虫菊ってなに?

除虫菊【じょちゅうぎく】

和名:シロバナムシヨケギク キク科の多年草・英名はPyrethrum

原産国は地中海・中央アジアといわれ、セルビア共和国(旧ユーゴスラビア)で発見されました。この花は古くから殺虫効果があることが知られており、現在もケニアをはじめ世界各地で殺虫剤の原料として栽培されています。殺虫成分ピレトリンは花の子房に多く含まれています。

尾道市立美術館南側斜面
除虫菊の見頃は5月上旬~中旬です。

日本では弊社の創業者である和歌山県出身の上山英一郎(うえやま えいいちろう)が明治19年(1886)にアメリカのH.E.アモア氏から除虫菊の種子を贈られ、渦巻型の蚊取り線香を発明しました。 上山英一郎は和歌山県や広島県・香川県を中心とした瀬戸内地方、北海道など日本の各地で除虫菊の栽培を奨励しました。
第二次世界大戦前は盛んに生産され、日本から世界中に輸出されて産業振興に貢献しました。しかし第二次大戦後はピレトリン類似化合物のピレスロイドが殺虫成分の主流となり産業としての除虫菊の栽培は現在では終了しています。
(注 除虫菊は、そのままの状態では殺虫効果はほとんどありません)

除虫菊ゆかりの地

~「しまなみ海道」除虫菊関連スポット~

除虫菊にゆかりのあるスポット「尾道市立美術館」「千光寺」、
向島にある「亀森八幡宮(除虫菊神社)」、因島の「因島フラワーセンター」をご紹介します。

スポット1 尾道市立美術館
スポット2 千光寺
スポット3 亀森八幡宮
スポット4 因島フラワーセンター
スポット5 重井町の栽培地

スポット1~4のアイコンをクリックすると、詳細情報を閲覧できます。

page top