ホーム 製品情報 KINCHO製品Q&A ティンクル

製品情報 Products Information

KINCHO製品Q&A

金鳥製品に関する質問をまとめました。製品名をクリックして、各製品ページをご覧ください。

ティンクル

  • 木の浴槽等を洗っても大丈夫?

  • 通常の使用であれば問題ありませんが、スプレーした液は長時間放置せずに水で洗い流してください。目立たないところで試してからご使用下さい。

  • なぜお酢の成分を使っているの?

  • 酢の成分である酢酸の持つ洗浄効果と殺菌効果を応用したもので、水まわりの汚れがスッキリ、ピカピカになります。

  • 酢と酢酸は、同じものですか?

  • いいえ酢と酢酸は、異なります。
    お酢とは、アルコールや糖類の発酵によってできる酸性の調味料のことです。主成分は、4〜7%の「酢酸」で90%前後は水分です。酢酸は、酸味をもつ有機酸で、殺菌効果や防腐効果があります。 お酢にはこの他に、有機酸(乳酸・コハク酸・リンゴ酸・クエン酸)、アミノ酸、糖類といった成分が含まれています。 ティンクルに使用している「酢酸」はお酢の主成分と同じ物質で、その酸性効果と殺菌効果を応用しています。「お酢」には昔から様々な殺菌力や洗浄力が知られており開発にあたっての発想のきっかけになりました。

  • ティンクルはどんな汚れに効果がありますか?

  • ティンクルは水あかや石けんカスなどの水まわりの汚れに効果的です。
    私たちが日常に使っている水道水には、ケイ酸分やカルシウム、マグネシウム、炭酸、鉄イオンなどの無機成分が微量に含まれています。 これらの微量成分がステンレスなどの表面に蓄積して水あか汚れになったり、石けんと水道水中のカルシウムやマグネシウムと結合して石けんカス汚れになったりします。ティンクルは、酢酸による酸性効果で水あか・石けんカス汚れを分解して汚れを落ちやすくします。

  • 除菌効果について教えて下さい。

  • 水や普通の洗剤で洗い流したりふき取ったりすることで色々な表面に付着・繁殖している菌をある程度除去することはできますが、ティンクルの場合はさらに酢酸の殺菌効果を活用していますのでより効果的です。

  • ティンクルは酸性タイプの洗剤なのに「まぜるな危険」表示がないのは何故ですか?

  • ティンクルの場合、塩素ガスの発生は家庭用品品質表示法に規定される試験方法では検出限界付近であり、法的基準を充分に満たしているため「まぜるな危険」表示をしておりません。 さらに、ティンクルは万一、塩素系の洗浄剤や漂白剤と混ざっても、塩素ガスの発生を抑える成分を配合しています。

  • ティンクルの効果的な使い方を教えて下さい。

  • 汚れに直接スプレーし、スポンジなどでこすった後、水で洗い流すか水ぶきしてください。頑固な汚れには、2〜3分おいてからこすると効果的です。ただ、初めてのご使用で汚れが落ちきらずに白く残るような場合には市販の液体クレンザーなどを使って汚れを落とした後にお使い下さい。以降、毎日のご使用で汚れが付きにくくなります。

    ステンレス流し台での洗浄効果

page top