キンチョウジェット煙タイプ(6~8畳用・12~16畳用)第2類医薬品

ラインナップ

  • キンチョウジェット煙タイプ(6~8畳用)

  • キンチョウジェット煙タイプ(12〜16畳用)

煙が少なく有効成分がすみずみまで届く

隠れてる害虫も逃さない!

注意:人体に使用しないこと

製品詳細

においが残らない。

安心の二重容器設計。

煙立ちが早く、すみずみまで有効成分が届きます。

煙の発生が少ないタイプです。

効能
ゴキブリイエダニノミトコジラミ(ナンキンムシ)屋内塵性ダニ類ハエ成虫蚊成虫の駆除
用法及び用量
害虫の駆除には次の使用量をお守りください。
6〜8畳用 6〜8畳(10〜13m2)当たり1個
12〜16畳用 12〜16畳(20〜26m2)当たり1個
成分及び分量
《有効成分》
6〜8畳用 フェノトリン…6.0%
メトキサジアゾン…5.3%
12〜16畳用 フェノトリン…8.3%
メトキサジアゾン…6.7%

使用方法

1.くん煙する前に

部屋の窓、換気口などを閉め、押し入れ、戸棚、引出しなど害虫のかくれ場所になるところを開放してください。

2.くん煙をはじめてください

  • (1)

    各使用量にあわせ、本品1個を部屋の中央に置いてください。

    [使用量]

    6〜8畳用 6〜8畳(10〜13m2)当たり本品1個
    12〜16畳用 12〜16畳(20〜26m2)当たり本品1個
  • (2)

    フタを取り、フタの始動用スリ板(茶色)で容器中央の丸いマッチヘッドをこすると、数秒後にゆっくりと煙が出始め、その後6〜8畳用は約15秒間、12〜16畳用は約30秒間勢いよく煙が出ます。

  • (3)

    発煙を確かめた後、部屋の外へ出て2〜3時間以上そのまま閉め切ってください。

3.ご使用の後で

使用後の容器は自治体の指導に従って捨ててください。

使用上の注意

定められた使用方法及び使用量を厳守してご使用ください。

1.してはいけないこと

  1. 周囲から燃えやすいものを除き、煙が出始めたら部屋の外へ出てください。くん煙途中で、部屋に入らないでください。
  2. 煙を吸い込まないように注意してください。アレルギー体質でカブレを起こしやすい人や病人、妊婦、小児は煙を吸い込んだり、薬剤に触れたりしないでください。
  3. 容器上部は熱くなるので直接触れないようにしてください。
  4. 容器を横倒しに置いたり、手に持って使用しないでください。
  5. マッチヘッドを始動用スリ板以外の部分でこすったり、始動用スリ板で強くこすりすぎるとヘッドの破損や飛散の原因となるので注意してください。

2.相談すること

  • 万一、体に異常を感じたときは、直ちに本品がピレスロイド系殺虫剤とオキサジアゾール系殺虫剤の混合剤であることを告げて診療を受けてください。
  • 薬や化粧品等によるアレルギー症状(発疹、発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことのある人は、使用前に医師又は薬剤師に相談してください。

3.その他の注意

  • 2~3時間部屋を閉め切った後、十分に換気してから中に入ってください。
  • 食品、食器、小児のおもちゃ、ペットの飼料などに煙がかからないようにしてください。
  • 観賞魚、犬、猫や小鳥などのペット類、盆栽や鉢植え、花木などの観賞植物は部屋の外へ出してください。大型の観賞水槽などがあるところでは使用しないでください。
  • 魚などの水棲生物に被害を及ぼす恐れのある場所では使用しないでください。
  • 寝具、衣類、座布団、クッション、ぬいぐるみなどはあらかじめ他に移すか、ビニールシートや新聞紙などでカバーをし、直接煙が触れないようにしてください。
  • 変色やシミの原因となるので、ハガネ製品、銅やシンチュウ製品、貴金属、美術工芸品、仏壇仏具、楽器類、光学機器、書物などや、はく製、毛皮製品、金糸や銀糸の入った和服、洋服などの衣類は、カバーをかけるか、部屋の外に出して煙がかからないようにしてください。
  • 紙、衣類、寝具類、ポリ袋やプラスチック製品などが倒れるなどで本品使用中におおいかぶさると変色や熱変形を起こすので、必ず届かない所に移してから本品を使用してください。
  • 新築、リフォーム時、壁紙が十分乾いていないときに使用すると、稀に変色する恐れがあるため、十分乾いてから使用してください。
  • 火災報知器のうち煙で作動する煙感知器は、使用前に一時的にポリ袋で覆いをし、煙が入らないようにしてください。その際、火気の管理に十分注意し、くん煙処理が終了し換気したら直ちにポリ袋を取り除き必ず元に戻してください。熱で作動する火災報知器の直下では使用しないでください。
  • 故障や誤作動の原因となることがあるのでパソコン、ワープロ、オーディオ機器、コピー機などの精密機器及びテレビなどの電気製品にはビニールシートや新聞紙などでカバーをし、テープ、ディスクなどは直接煙に触れると稀に障害を起こすことがあるので専用ケースに収納してください。大型コンピューターのあるところでは使用しないでください。
  • 食器などに直接煙がかかった場合は、水でよく洗ってから使用してください。また、衣類や寝具に煙がかかった場合は、ブラッシングか天日干しをしてください。
  • 家具、テーブル、畳、床などの表面に煙の粒子が付着し、白くなることがありますが、乾拭き、掃除機で除去できます。
  • 使用前に近所にくん煙中を伝言するかくん煙中の貼り紙をしてください。大規模な駆除や夜間に使う場合は、消防署に連絡してください。
  • 開封後はすぐにご使用ください。本品は耐熱容器になっているので、内容物を取り出さずにお使いください。
  • 薬剤が皮膚に付いたときは、石けんでよく洗い、直ちに水でよく洗い流してください。

保管及び取扱い上の注意

火気や直射日光及び湿気を避け、小児の手の届かない涼しい所に保管してください。

page top