ホーム 製品情報 業務用品 虫よけカトリス プロ用

虫よけ
虫よけカトリス プロ用
●ピレスロイド系 害虫駆除・忌避剤
トップ 特長へ 器具各部名称へ
薬剤揮散方式 遠心力+風力(乾電池駆動)
有効成分 メトフルトリン
効能・効果 不快害虫の駆除と忌避(チョウバエ・ユスリカ等)
用法・用量 (1)屋内:30〜60畳に1台
(2)工場前室:100m3までの部屋に1台
(3)侵入防止:屋内ドア付近に1台
使用期間・
使用時間
24時間連続使用で約2ヵ月間
タイマー12時間ON/12時間OFFで約4ヵ月間
延べ約1500時間
電源 単一アルカリ乾電池6本(定格4.5V)
大きさ 器具本体:幅約130mm×高さ230mm×奥行き約130mm
カートリッジ:高さ約40mm×直径約70mm
重量 器具本体:約600g 電池6本:約800g 
カートリッジ:約40g
■規格
品名 セット内容 1梱入数
虫よけカトリスプロ用セット 器具1台 カートリッジ1コ
単一電池6コ
1セット
虫よけカトリスプロ用カートリッジ   4コ
侵入阻止効果
2階建て工場の約60畳の1階部分室内に捕虫器(ライトトラップ)を設置し、屋外に面した出入り口を開放して虫が自由に出入りできるようにした。出入り口付近の屋内側に虫よけカトリスプロを設置し、設置前の捕虫数(侵入虫数)を100として設置後の捕虫数と比較し、他社品との比較も実施した。
■試験方法 ■使用前後の捕虫率
■試験結果
殺虫効果
約100m3(約25畳)の居室の床から2.3mの高さの壁面に虫よけカトリスプロを設置した。この居室内に供試昆虫を放し、時間の経過にともなうノックダウン虫数を観察した。暴露2時間後に供試昆虫を清潔なプラスチック製容器に移し、24時間後の致死虫数を計数した。観察結果からKT50値及び致死率を算出した。
■試験結果
【考察】
虫よけカトリスプロは侵入阻止効果だけでなく、優れた殺虫効力を示しました。また、殺虫効果は他社品と同等でした。なお、家庭用電気蚊とりのKT50は約20分であり、本品は非常に高い殺虫効力を有するといえます。
有効成分及び安全性
有効成分のメトフルトリンはピレスロイド系化合物の中でも特に飛翔昆虫の駆除及び忌避を目的に、常温で揮散させる電気蚊とりの有効成分として、家庭用殺虫剤に広く使用されている実績があります。
温血動物の体内では速やかに解毒されるため、人体に対して安全性の高い成分です。
■有効成分メトフルトリンの主な毒性試験データ
(出典)急性毒性:日本殺虫剤工業会「家庭用殺虫剤とピレスロイド」
無毒性量:EPA Pesticide Fact Sheet [Metofluthrin]
<< 業務用品トップへ

page top