ゴキブリ駆除のための三種の神器でゴキブリトラブルを解決!
 

ゴキブリのプロがお届けするゴキブリ対策情報室

ゴキブリ駆除製品についてのFAQ

コックローチ ゴキブリがうごかなくなるスプレー コックローチ ゴキブリがいなくなるスプレー 共通編

使用について

妊婦や小さな子供がいる部屋で使用しても大丈夫ですか?

問題ありません。噴射中は、噴射する人以外の入室は避けるようにして下さい。使用後は室内の換気を行った後、入室して下さい。

ペットがいる部屋で使用できますか?

犬・猫・ハムスター・小鳥などのペットのいるお部屋でもご使用いただけます。噴射した所に触れたり、舐めたりした程度では安全上問題はありませんが、噴射が直接かからないようにして下さい。

昆虫や観賞魚がいる部屋で使用しても大丈夫ですか?

カブトムシやスズムシなどの昆虫を飼育しているお部屋では使用しないで下さい。昆虫以外にも、魚類(熱帯魚や金魚など)、両生類、爬虫類などを飼育しているお部屋でも使用しないで下さい。

使い残してしまったものは来年も使えますか?

水回りや湿気の多い所を避けて保管していただければ、問題なくご使用いただけます。

効果について

ゴキブリを見失ってしまいました。どうすればいいですか?

ゴキブリを見失ってしまった場所や潜んでいそうなスキマにスプレーして下さい。ピレスロイドの持つ「追い出し効果」により、逃げ込んだゴキブリが飛び出してきます。出てきたら再度スプレーし、駆除して下さい。

ゴキブリ以外の虫にも効果はありますか?

ゴキブリ以外にも、トコジラミ(ナンキンムシ)やマダニの駆除もできます。

その他、よくあるご質問

食器や服にかかってしまったのですが大丈夫でしょうか?

食器は中性洗剤で洗って下さい。服にかかってしまった場合も、通常のお洗濯をしていただければ問題ありません。

コックローチ ゴキブリがうごかなくなるスプレー編

使用について

スプレーがかかってはいけないものはありますか?

家具、建具、プラスチック製品などには直接噴射しないようご注意下さい。

家具、建具、プラスチック製品などには直接噴射しないようご注意下さい。

中身が残っている製品を捨てるにはどうしたらいいですか?

捨てる時は、火気のない通気性のある屋外で、ガス抜きボタン(ガス抜きキャップ)を使用するか、噴射音が消えるまでガスを抜き、地域の規則に従って捨てて下さい。

エアゾールの廃棄についてはこちらをご覧下さい。

効果について

離れた所からでもきちんとゴキブリにスプレーできますか?

「ゴキブリがうごかなくなるスプレー」は、離れた所からでもゴキブリが狙いやすい新トリガーを採用しています。60㎝離れた所からでも狙い撃ちできるジェット噴射です。

ゴキブリに何秒間スプレーすればいいですか?

約2秒を目安にご使用下さい。「ゴキブリがうごかなくなるスプレー」は、冷却による行動停止効果とゴキブリに対して優れた殺虫効果を示す「イミプロトリン」のW効果により約2秒の直撃噴射で、すばやく駆除することができます。

その他、よくあるご質問

「ゴキブリがうごかなくなるスプレー」が皮膚についてしまったのですが…。

石けんと水で十分に洗い流して下さい。万一、身体に異常を感じた時は、本品がピレスロイド系の殺虫剤であることを医師に告げて、直ちに診察を受けて下さい。

コックローチ ゴキブリがいなくなるスプレー編

使用について

スプレーがかかってはいけないものはありますか?

白木、家具、建具、白壁、カーテン等の繊維製品、プラスチック面、ニス塗装面などは、変色する恐れがありますので、直接噴射しないようにして下さい。ご使用の際は、商品の裏面表示をよく読んでからご使用下さい。

中身が残っている製品を捨てるにはどうしたらいいですか?

「ゴキブリがいなくなるスプレー」は、噴射ガスに不燃性の炭酸ガスを使用しているため、ガス抜きキャップがついていません。火気のない通気性の良い屋外で、噴射音がしなくなるまでボタンを押し、中身を出し切ってから、地域の規則に従って廃棄して下さい。

エアゾールの廃棄についてはこちらをご覧下さい。

効果について

ゴキブリを寄せ付けないために、「ゴキブリがいなくなるスプレー」をどれくらいの量、スプレーしておけばいいですか?

15~30cmの距離から帯状に、十分濡れる程度(約10cmの幅で1mあたり約6秒)にスプレーして下さい。尚、スプレーした直後は滑りやすいので、ご注意下さい。

「ゴキブリがいなくなるスプレー」の効果はどれくらい持続しますか。

効果は約2週間持続します。

「ゴキブリがいなくなるスプレー」は、直接駆除もできますか?

はい、ご使用いただけます。ゴキブリに直接噴射しても、高い殺虫効果があります。

その他、よくあるご質問

「ゴキブリがいなくなるスプレー」で最後まで使い切れない場合があるのですが…。

通常、缶を逆さにして使用しますが、缶を水平状態で使用すると、先にガスだけが出てしまい、最後に薬液が残ってしまう場合があります。図解

コンバット編

「コンバット」はいつ設置するのがいいですか?

「コンバット」の効き目は約6カ月です。ゴキブリの動きが活発になる春(4月~5月)と、家の中で越冬しようとするゴキブリや卵を対象にした秋(9月~10月)の年2回のご利用で安定的な効果を実感いただけます。

「コンバット」はどこに設置するのが効果的ですか?

以下の場所に置いていただくと、効果的にゴキブリを駆除できます。

  • ゴキブリが好む、暗くて、狭くて、湿っていて、暖かい場所(シンクの下、冷蔵庫の裏や下、テレビの裏、洗濯機の下など)
  • 壁が交差する角(壁沿いに歩く習性があるため)。
  • ゴキブリのフンで汚れている場所(ゴキブリのフンには集合フェロモンが含まれていますのでゴキブリが集まる傾向にあります)。※ゴキブリのフンは約1~2mm程度のゴミのような黒、茶色の粒です。
  • 一般家庭では台所や洗面所で見かけることが圧倒的に多いので、重点的に設置して下さい。※食品を片付け、水分などを拭き取った後、台所や洗面所などの壁に沿わせて設置することをおすすめします。
「コンバット」は何個ぐらい置けばいいですか?

下記を目安にして下さい

  • 「コンバット スマートタイプ」、「コンバット ハンター」:6畳(10㎡)に対し2~4個を設置して下さい。
  • 「コンバット」:6畳(10㎡)に対し1~2個を設置して下さい。
  • 「コンバット お外用」:3畳(5㎡)のスペースに1~3個ですが、玄関やベランダの外側から扉を挟むような形で両サイドに置いていただくと効果的です。
「コンバット」を置いてどれぐらいしたら効果が出てきますか?

「コンバット」は置いたその日から効果を発揮します。

「コンバット」を置いていると、逆にゴキブリが集まってきたりしませんか?

室内用の「コンバット」は1~2個で10㎡、「コンバット スマートタイプ」、「コンバット ハンター」は2~4個で10㎡が効果を発揮する範囲です。もともと家の中にいたゴキブリを誘引する範囲での効き目となりますので、外からのゴキブリを呼び寄せることはありません。また「コンバット お外用」は1~3個で5㎡が効果を発揮する範囲です。遠くにいるゴキブリをおびき寄せてしまうことはありません。

お外用でない「コンバット」が余ってしまいました。お外においても大丈夫ですか?

ベランダ等、風雨の影響がない所では、ご使用いただけます。ただし、本格的に屋外で使用する場合は風雨に強い「コンバット お外用」をおすすめします。また、どうしても余る場合はコンバットを元の袋に戻して密封して保管していただき、次の交換時期にはご使用下さい。

家のペット(犬・猫)が間違って「コンバット」をかじった場合はどうすればいいですか?

通常、1~2個の誤食により、人間・犬・猫に急性中毒症状を起こすことは考えにくいですが、誤って食べた場合には、直ちに吐き出させて下さい。もし体調が悪い場合はヒドラメチルノン、あるいはフィプロニルを含有する殺虫剤であることを医師に告げ、動物病院で診察を受けて下さい。また、プラスチックの破片などで食道や内臓を傷つける心配もありますので、動物病院の医師に相談して下さい。

「コンバット」を狭いスキマや壁沿いのスキマなどに設置したいのですが、どうすればいいですか?

狭いスキマなどには、タテでもヨコでも置ける「コンバット スマートタイプ」が最適です。また、壁沿いのスキマには、固定テープのついた「コンバット」「コンバット ハンター」を壁に貼り付けてご使用下さい。

秋になりゴキブリを見かけなくなったら、「コンバット」は必要ないですか?

気密性の高い現代の家屋は、秋冬も暖かいため、ゴキブリが完全に死滅してしまうことは稀になりました。気付いていないだけで、家電の下や裏側、床下などで越冬するゴキブリも多くいます。よって、ゴキブリをこれ以上発生させたくない場合は、ゴキブリを見かけない季節になっても、「コンバット」を設置していただく方が安心です。

ゴキブリについて
トップへ戻る