次世代育成支援対策の行動計画

大日本除虫菊株式会社

仕事と子育ての両立を可能にし、社員が働きやすい環境を作ることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定します。

1.計画期間

平成27年4月1日〜平成32年3月31日

2.行動目標

(1)子供の出生時における父親の休暇取得を促進する。

<対策>
配偶者が出産する時、特別休暇(2日間)を規定する。

(2)育児休業取得の期間を増やす。

<対策>
子供が1才を超えて休業が必要であると認められる一定の条件がなくても、育児休業取得期間を、子供が1才6ヵ月に達するまでに延長する。

(3)小学校就学前の子供を看護するための休暇を取得しやすくする。

<対策>
小学校就学前の子供を看護するための休暇を、半日単位で取得できるようにする。同時に、父親も取得することができることを周知し、その環境づくりに努める。

(4)年次有給休暇をより取得しやすくする。

<対策>
通常は1日単位である年次有給休暇を、時間単位で取得することが出来る時間単位年次有給休暇制度を導入する。

(5)インターンシップの実施を推進する。

<対策>
大学生向けに実施しているインターンシップを拡大し、高校生や専門学校生なども対象とする。

以 上