研究開発

いつも『いま』がスタートライン。

さまざまな暮らしのシーンにKINCHO製品が根づいています。

世界で初めての「蚊取り線香」や「液体電子蚊取り」の発明、日本初のエアゾール「キンチョール」や、臭いのつかない衣料用防虫剤「ゴン」の開発など、オリジナルな商品開発をめざしています。
長年にわたる研究開発の成果が、数々の新たなる分野の“道”を切り拓いてきました。基礎技術を蓄積し、複合させることで応用技術へと高めていく――そしてその応用技術を基礎とした新たな分野への挑戦。

各機器を用いた殺虫剤の分析

ピレスロイドの基礎研究をもとにした連続する技術が、
また新たな研究成果に。

世界で初めて「除虫菊」に含まれる天然殺虫成分「ピレトリン」の立体構造を解明したKINCHOは、その成果を基礎にさまざまな研究開発を重ね、フラメトリン、プラレトリン、そしてフルバリネート等・・・1世紀以上の長い歴史のなかで数多くの「ピレスロイド系殺虫成分」の発明を行い、次々と世に発表してきました。そして近年、世界に先駆けてピレスロイドをはるかにしのぐ殺虫成分「シラフルオフェン」を発明し、実用化に成功。これら数々の実績は日本国内だけでなく世界でも高い評価を得ています。
さらに、殺虫剤の分野で培ったこれらの研究成果は、衣料用防虫剤をはじめ各種洗浄剤などの家庭用品分野にまで広がりをみせるとともに、また医薬品など・・・新たな分野への研究開発にも着手しはじめました。連続する技術はより細分化され、人々のさまざまな生活シーンのなかに息吹いています。

  • ガラス箱法によるカトリスの殺虫試験

  • 各種テストに使われる累代飼育された害虫

  • 微量滴下法による殺虫剤のゴキブリに対する効力試験

  • アカイエカ メス成虫