戻る

ホーム ウルトラがいちゅう大百科 害虫の種類:その他害虫

その他害虫 かんだり、刺したり…害虫がいっぱい

ツツガムシ

昔から“つつがなし”といえば無事であることを表現したように、この語源となったツツガムシは、おそろしい病気「ツツガムシ病」を引き起こす虫として有名。この虫はダニ類の一種で、幼ダニはもともと野ねずみなどに寄生するが、なかには人の血を吸うものもいて、その際に、病気を伝染する。

アブ

人や家畜の血を吸うのはメスの成虫。血を吸われるとたいへん痛く、後で血が流れるほどである。

クモ

ハエや蚊、ゴキブリなどの、家のなかにいる害虫の天敵ですが、見た目に不快感をあたえる。

アリガタバチ

「アリに似たハチ」という意味。メスの成虫が人を刺す。畳のうえなどで見られることがある。

チャタテムシ

体長1mmくらいで、羽がないものが多い。湿度の多い家のなかなどに発生し、ときおりダニとまちがえられる。カビなどを食べて繁殖する。

ヒラタキクイムシ

体長2〜7mm
ラワン、ナラ、カシなどの広葉樹の木材に好んで卵を産みつける。幼虫はこの木材の中で食害を続けながら成長してさなぎとなり、成虫になると木材から脱出する。

page top

戻る