戻る

ホーム ウルトラがいちゅう大百科 害虫の種類:シラミ

シラミ シラミってなんだ!

日本におけるシラミ感染の歴史

シラミのうち、発疹チフスを媒介するのはコロモジラミです。我が国ではコロモジラミによる発疹チフスの発症は昭和20年代終り頃には0となり、その後昭和32年に1例報告されてからはまったくみられていません。これは毎日下着を取り替え、頻繁に風呂に入るといった衛生観念が広まったことが影響しています。現在我が国で主に見られるシラミは、昭和20年代までとは異なり、アタマジラミがほとんどです。アタマジラミは昭和50年代初頭に幼児から小学生低学年の児童に発見されるようになりましたが、この理由の第一は昭和40年代半ばから、海外渡航が増え、家族連れの海外赴任も特別なことではなくなったことで、その帰国の際に、国内にシラミが持ち込まれ、それが次第に範囲を広げていったと考えられます。第2の理由は、昭和46年にDDTやBHCなどの有機塩素系殺虫剤が、毒性や土壌内への蓄積性のために製造販売が禁止され、シラミ駆除に有効な医薬品がなくなったからです。昭和56年にシラミ駆除剤として「スミスリン パウダー」が開発され駆除に大いに力を発揮しましたが、なお年間30万人以上の感染者が発生しているものと推定されます。ケジラミは途切れることなく続いていましたが、これも海外との交流が盛んになるにつれて増加傾向を示しています。

シラミの種類

500種のシラミが知られていますが、いずれも哺乳動物に外部寄生して吸血します。 人間にたかるヒトジラミ科のシラミは、ヒトジラミとケジラミの2種類で、さらにヒトジラミは、形態とすみかの多少の違いからコロモジラミとアタマジラミの2亜種に分類されます。おおまかには、幼児や学童とその家族の頭髪につくのがアタマジラミで、一方成人の陰毛につくのがケジラミです。 シラミは寄生特異性が強い昆虫で、人のシラミは人間だけに寄生し、犬のシラミが人間に寄生することはありません。

シラミの感染

アタマジラミは頭髪と頭髪との直接接触でうつります。コロモジラミは皮膚から皮膚、または衣類を介してうつります。コロモジラミは不衛生との関係が高いのですが、アタマジラミは不衛生とは無関係です。ケジラミは性行為時にうつります。

シラミの駆除

シラミ症の有効な治療の一つは剃毛です。これは寄生部位をなくすことになり、一番安価で確実な方法です。しかし、女性などの場合は現実的には難しい場合が多く、現状で最も確実な方法は、「スミスリンパウダー」か「スミスリンLシャンプータイプ」を用いる方法です。治療にあたっては、患児だけでなく家族全員で調べてみる必要があります。

page top

戻る