戻る

ホーム ウルトラがいちゅう大百科 害虫の種類:ハエ

ハエ バイキンの配達人

体長6〜8mm (イエバエ)

うしろ羽は、しゃもじの形をした「平均こん」に変形。

ハエが手をする、足をする

ハエは口だけでなく、足の先に“味を感じる”器官をもっています。手足をこするのはここについたゴミをおとし、いつでも味がわかるようにしているのです。「蝿」という漢字は、この動作をあらわしたもので、前足をこする姿が、「縄」をなっているように見えることに由来しています。

どこにでもへばりつけるワケ

足の先からベタベタの液をだして、それによってガラスまどや天井にピタリ!と、とまることができます。

ハエの一生

イエバエは、幼虫のエサとなるものに長い産卵管を刺して、卵をかためて生む。

ニクバエの仲間は、母バエのおなかのなかで卵がかえり、いきなりウジで生まれる。このウジが人の体のなかに寄生して“ハエ蛆症”と呼ばれる病気を引き起こすことがある。

ハエの顔

名前の由来

「蝿」は羽延え(羽ふるう)が語源。ハウル→ハエル(生えるもの)ということから名づけられ、生ずる、湧くを意味します。「ウジ」は汚物に集まりますが、たくさん集まることを“うずすまる”といい、その“ウズ”がなまってウジとなりました。

●複眼:
約4,000もの個眼に分かれており、ハエの視覚は対象物をモザイクとしてとらえる。

page top

戻る